コンテンツ一覧

close

JoelRoty

HOME > NEWS > beauty maison > #001 「クレンジングの大切さを知ってほしいから…」

NEWSbeauty maison

#001 「クレンジングの大切さを知ってほしいから…」beauty maison

coram1

スキンケアのベースは「肌を優しくいたわってあげること

Miswellではクレンジングに限らず、洗顔や保湿ケア等様々なスキンケアが存在する中で、
美しい肌をつくりあげるための総合的な要素のひとつとして「肌を優しくいたわってあげること…」を大切にしています。
ケアをするアイテムや方法も確かに大切です。

しかし、それ以上に根底として「肌を優しくいたわってあげること…」という意識が存在しない限りいくら高価なアイテムを使用しても十分な効果は期待できませんし、ましてや間違った使用をすると肌トラブルを起こしかねません。
365日毎日おこなうスキンケアだから…。

毎日触れる「肌」だからこそ「肌を優しくいたわってあげること…」を大切にして欲しい…。
それがミスウェルのゆるぎない想いです。

 

不完全なクレンジングが美しい肌の生成に影響する

スキンケアの中で、最もダメージを受けやすいのは、クレンジングだということをご存知ですか?
近年ではたくさんのクレンジング料が存在し、頑固なメイクを素早くオフできるように洗浄力も強くなっています。

ただし、使い方を間違えると肌表面の皮脂も根こそぎ落としてしまう危険性もあり、敏感肌の方は特に注意が必要です。
肌に負担になるケアだからこそ、「肌を優しくいたわってあげること…」が必要なのです。

coram1_2

人間の体内では常に新しい細胞がつくられ、その細胞は新しい細胞に押し上げられ表面まで上がり、最終的には角質となり自然にはがれ落ちるメカニズムとなっています。

こういったサイクルをターンオーバーといい、一般的には28日サイクルで生成されます。
このようなリズムが整ってこそ美しい肌が生成されるという訳です。

ただし、年齢が進むにつれ、正常なサイクルは不安定になり、ターンオーバーは長くなります。
体調の悪化や急な変化でも、ターンオーバーが不安定になることもあります。
不安定になることで表皮に古い角質が溜まり、くすみ、乾燥、ごわつき、肌が硬くなる、小じわ等の肌トラブルを招きます。

また、古い角質が溜まると化粧水や美容液の成分が浸透しにくく、十分な効果も期待できなくなります。
このように不要な角質がもたらす悪影響は肌にとって計り知れないほど負担になり、美しい肌を生成する妨げとなります。

Miswellが考えるクレンジングとは、汚れや不要な角質をしっかり除去し、肌本来のリズムに改善するケアのことです。
もともと人間の機能として備わっていない「落とす」という機能…。
「落とす」機能を持ち合わせてないからこそ、クレンジングにはこだわる必要があります。

そして、スキンケアの中でも一番大切な工程なのです。
しかし「クレンジングの方法」って人によって様々…。
誰から教わることもなく、だいたいの多くは我流でされているのも事実です。

次回は、「間違ったクレンジング方法と正しいクレンジング方法」についてお届けします。

 

mw_cw_ph_new_new

 こちらの記事もおすすめです

ページトップ