コンテンツ一覧

close

JoelRoty

HOME > NEWS > beauty maison > #003 「究極に肌をいたわるウォータークレンジングの考え方」

NEWSbeauty maison

#003 「究極に肌をいたわるウォータークレンジングの考え方」beauty maison

te2

「オイルクレンジングではない」理由について

クレンジングのタイプにもたくさんの種類があります。
オイル、リキッド、ミルク、ジェル、クリームなどさまざま…。
中でもオイルタイプが圧倒的多く、クレンジングと言えば「オイルクレンジング」を連想される方も多いのではないでしょうか?

本来、クレンジングの目的は「汚れを落とすこと」。

汚れを落とすことに着目すると、確かにオイルベースは洗浄力も高く魅力的ですが、洗浄力が高い分、肌への負担も高くなります。
さらに使い方を間違えると、余分な皮脂を洗い流してしまい「乾燥肌」を招きかねません。
このように、肌トラブルを誘発するリスクが常に隣り合わせになります。

クレンジングは365日毎日行うものだから…。

だから、肌にはできるだけ負担をかけず、いいものを選びたいですよね?
ウォータークレンジングのイメージは「落としにくい…」「仕上がりが軽い…」など少し敬遠されがち…。

実は、ウォータークレンジングは進化しています。


今回は、ウォータークレンジングの実力について迫っていきたいと思います。

 

なぜウォータークレンジングがいいの?

クレンジングの本来の目的は「汚れを落とす」ことです。この「汚れ」という表現には多くの意味が含まれていてメイクや皮脂、そしてほこりなどを意味します。
メイクや皮脂は、もともと油で、この油はオイルクレンジングのメイン原料である油でしか落とすことができないのです。
油は油でしか落とせない…。このようなことからもクレンジングの中でも、「オイルクレンジング」が主流になっているのです。

何より、洗浄力も強く、頑固な汚れを簡単に落とすことができますからね?…。

洗浄力が強いということは、肌にとって負担がかかってしまうということ…。
オイルクレンジングの場合、汚れを落とすという目的はしっかりこなしますが、肌への負担は計りしれません。
こういった背景を考慮し、ジョエルロティではオイルではなく、ウォーターを採用しています。

「でも、油は油でしか落とせないのでは?」「油と水ではなじみにくいのでは?」このような疑問がでてきます。

ここがウォータークレンジングの進化のポイントです。

ミスウェルでは、ヤシ、パーム、菜種、大豆から抽出される植物由来の洗浄成分を採用しており、安全性はもちろん、洗浄力もオイルクレンジングと同等のパワーを持たせることに成功しました。

人体を構成する科学成分は60%が水分とされており、水は人体にとって必要な成分…。
人体と同じ成分の水でクレンジングするということは、肌にストレスを与えることなく、そしてなじみがよく洗い上げることが可能なのです。

ウォータークレンジングは、「仕上がりが非常に軽くて少し苦手…」という意見があるのも事実。

でも、ミスウェルは違います。
「美容液でクレンジング」しているかのような、みずみずしくしっかり保湿されている感覚を実感していただけます。

なぜならば、「美容液でクレンジング」しているかのような感覚になるのは配合成分の多くが正真正銘の美容液だから…。

「ユズ果実水」をベースに「発酵熟成プラセンタエキス」や「ヒアルロン酸」などの美容液が、なんと53%も配合しているのです。
ユズ果実水のエキスには有機酸が多く含まれており、肌細胞の生成をサポートしてくれます。

有機酸が肌に付着すると、肌の内側にある水分が表面へ引き上げられます。そうすると、肌が危機感を感じ自ら水分を生成するようになります。


これが続くことで細胞は常に新鮮な水分で満たされるようになり、新陳代謝が活発に促されるので古い角質やカサカサな肌が取り除かれ、きれいな肌を保つことができるのです。

抗酸化作用も確認されており、老化の原因である活性酸素を抑え、エイジングケアも期待できます。

そして、ミスウェル クレンジングウォーターの特徴ともいえる成分「発酵熟成プラセンタエキス」が素晴らしい。
「プラセンタエキス」は、最近の化粧品に配合されるケースも多くあり、とても耳なじみが良く、ご存知な方も多いかと思います。
プラセンタエキスがもつ効果効能は幅広くあるとされています。

肌構成成分産生促進効果…


アミノ酸、ミネラル等、豊富な栄養成分と潤い成分をお肌に補給する効果…


肌老化の原因とされる活性酸素を除去し、健やかなお肌を保持する効果…


シミ、ソバカスの原因となるメラニンを抑制し、くすみのない美白へと導く効果…


その他にもたくさん効果効能があることが確認されています。

発酵熟成プラセンタエキスは、1ヶ月間発酵させた後、さらに2ヶ月間熟成させることで、通常のプラセンタエキスが本来持つ効果効能を引き上げることができるため大変注目を浴びている成分で、ミスウェルはいち早くこの成分に着目しました。

中でも発酵熟成させることで、シスチンの含有量が大幅にアップし、美白の効果が通常のプラセンタエキスと比べ約4倍の効果が期待できます。

発酵熟成させることで肌への吸収性もUPすることから、一度のクレンジングでその効果があらわれます。

肌が透き通ったような透明感…。ワントーンほどお肌が明るくなりくすみがなくなります。


この効果は、実際ご使用いただき商品の質の高さをご確認ください。

このようにさまざまな効果が期待できるミスウェル クレンジングウォーター。
クセになるこの使用感…。そして効果…。

おかげさまでミスウェルブランドの中でもリピート率NO.1で高く評価頂いています。


次回は美容のプロでもある美容師様にアンケートのご協力いただき、「ミスウェル クレンジングウォーター」をご使用されたリアルなご意見、ご感想を公開いたします。

 

mw_cw_ph_new_new

 こちらの記事もおすすめです

ページトップ